完全早漏防止対策委員会

童貞や肥満の男性におすすめの早漏防止法

SEX経験が少なくて早漏で悩んでいるなら、オナニーをして性欲を調整するといいです。
早漏ではない男性でも、風俗に遊びに行くときは直前にオナニーをすることが多いのです。
すぐに射精をするともったいないと考えていますし、時間をかけて射精するほど気持ちいいことも知っています。
童貞男性の場合は、早漏と遅漏のどちらかにわかれる傾向があります。
緊張をしすぎて挿入前に暴発する方もいれば、挿入直後に萎えてピストンができなくなる方もいます。
オナニーの頻度が多すぎる男性は、亀頭が強化されて挿入では射精しにくいものです。
包茎の童貞男性の場合は、1分以内に射精をすることが多いです。
包茎の状態でオナニーをしても、包皮には刺激を与えることができますが、肝心の亀頭は強化されないのです。
そのため、挿入した直後に射精してしまうケースが少なくありません。
童貞男性の場合、特に早漏防止をしなくても早漏が解消するケースが多いですが、回数を重ねても改善傾向がなければ何らかの早漏防止策が必要になるでしょう。
オナニーをして性欲や興奮をコントロールしたり、包茎治療を受けたりするなどの対策が必要です。

肥満男性の場合は、一般的に遅漏になることが多いとされます。
肥満は血行不良も招いてしまうので、若くしてEDが発症することが多いのです。
ペニスの立ちが悪くなると、挿入しても十分な快感を得ることができません。
しかし、遅漏とは逆に早漏になってしまう方も一部にいます。
肥満が重度になるほどEDも重症化しますが、かなりひどいEDの場合は射精コントロールが困難となって暴発してしまうのです。
この場合の早漏防止対策としては、早漏防止薬かED治療薬を服用する方法がベストです。