完全早漏防止対策委員会

早漏防止の為に知る、平均何分が早漏?

早漏防止のために、平均何分で射精すれば早漏なのか知っておく必要があります。
医学的な見解では1分以内という説が有力ですが、パートナーが満足する前に射精するなら早漏と考えたほうがいいでしょう。
2分持てば射精には該当しないとしても、2分で満足できる女性はほとんどいません。
10分程度は持続できる状態まで改善すれば、早漏だと言われることもなくなります。

早漏防止の方法として効果的なのは、1日1回のマスターベーションをすることです。
マスターベーションの回数が極端に少ないと、SEXのときに性欲が溜まりすぎていてすぐ射精してしまうのです。
本来は睾丸が満タンになるまで3日かかるので、3日に1回射精するのが好ましいのですが、早漏を自負する方は回数を増やすことをおすすめします。
1日に1回射精しておけば、睾丸が満タンになることはありません。
睾丸に溜まった精液量は性欲と比例するので、性欲をある程度抑えながらSEXにのぞむことができるのです。

7分程度持続できれば、女性としても妥協できるレベルだと言えます。
理想は10分以上であり、15分持続できればほとんどの女性を喜ばせることができます。
一部の女性は30分以内に射精すれば早漏などと言いますが、こうした女性は極めて特例です。
10分以上持続できれば早漏ではないので、男性としても自信を持ってかまいません。

早漏防止のために手軽に実践できる方法には、早漏防止用のコンドームの着用もあります。
コンドームのパッケージには0.02mmや0.03mmなどの数字が記載されており、数字が小さいほど薄くて感度が良好です。
数字が大きくなるほどゴムが厚くて鈍感になるので、ゴムの厚さで持続時間をコントロールすることができます。
■おすすめサイト
スーパーPフォース
おすすめのポゼットの通販サイト